債務整理の費用※安い方法、払えない時の対処法とは?

債務整理の費用※安い方法、払えない時の対処法とは?

債務整理の費用※安い方法、払えない時の対処法とは?

債務整理とは?

借金の返済が出来なくなり、困った時に行う一番ベストな方法は、債務整理をする事でしょう。
債務整理には4種類あり、借入額・収入によって人それぞれ適した手段が違うのが特徴です。

まずはあなたに合った債務整理方法を調べてみましょう!
  • 借金の減額はできる?
  • あなたに合う方法は?

※弁護士事務所が運営している無料・匿名診断ツールなので安心して利用することができます。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

しかし専門的なことなのでとてもむずかしく、自分一人で考えても、なかなか結論が出ないことが多いです。弁護士事務所では、債務整理の相談があると相談者の借金の金額や収入などを考え、債務整理の方法を判断してくれます。
無料相談を利用してみるのが賢い早期解決方法!


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

債務整理にかかる平均費用について

債務整理には、いくつか方法があり、費用も違ってきます。
弁護士・司法書士に依頼した場合、どれくらいの費用がかかるか一覧にしました。※あくまでも参考程度

債務整理方法

費用

任意整理

1社あたり3~5万円

+着手金・成功報酬など

個人再生

30~50万程度

+着手金・成功報酬など

自己破産

20~50万程度

 

自己破産とは?

借金の全額が帳消しになります。自己破産には、借金が全て無くなる代わりにキャッシングやローンの利用が出来なくなったり、一定額以上の資産を有する事が出来なくなります。この他にも、一定期間のみ職業制限などが課せられるのです。

自己破産にかかる費用

大体平均で20~50万円前後になります。

 

個人再生とは?

家などの資産を残したいと考える方には、個人再生があります。
個人再生は、一部に借金を返済し、残りの借金の返済責任が無くなるのです。

個人再生にかかる費用

個人再生の申立には、平均費用が30~50万円前後かかります。

 

任意整理とは?

そして、任意整理があります。
任意整理は、利息制限法によって支払い過ぎた利息があれば、取り戻し、元金だけの返済にしてくれるなど借金を整理してくれる方法です。

任意整理にかかる費用

これには、平均の費用は、借入先1社あたり3~5万円前後となります。

 

弁護士事務所・司法書士事務所の選び方のポイントについて

ただし、弁護士事務所によって、費用はかなり違いますので、無料相談を利用し、自分に合った弁護士事務所を見つけましょう。

 

オススメは、借金問題を専門に行っている弁護士事務所です。
まずは、無料相談を利用して、相談してみましょう。

 


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 





⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

 

 

債務整理手続きの為に用意すべき費用とは

一週間の期限内に返済を済ませたら、何度利用しても一週間無利息が使える消費者金融業者も登場しました。一週間という短期間ですが、返済を終了する確かな自信のある方には、お得で便利な制度ですね。単にネットで掲示されている金利の紹介にとどまらず、融資可能な限度額と比較してみた場合に、どの消費者金融が一番効果的により安い金利でお金を貸してくれるのかを比較しましたのでご参照ください。自分自身に見合ったものを間違いなく理解することが重要です。「消費者金融系」と「銀行・信販系」の種別であらゆる角度から比較しましたので、参考資料として一度目を通していただければ幸いです。負債が増加してどのローン会社からも融資が望めないという方は、ここのコンテンツにある消費者金融の系列会社一覧の特集から申し込むと、他の金融会社では無理と言われた融資ができるケースもあると思われるので、検討してみることをお勧めします。消費者金融業者を一覧表に取りまとめました。ただちに先立つものが必要な方、二カ所以上のローン会社での負債を統合したいと思っている方もご覧になってください。銀行傘下の金融業者のカードローンも掲載しています。「あとわずかで給料日まで!」との方にとって大助かりの小口キャッシングでは、実質ゼロ円の利息で融資を受けられる可能性が結構高いので、無利息期間つきの消費者金融を能率的に使いましょう。

債務整理の相談費用はどのくらい?

銀行系統の消費者金融会社の中にも、ネットでの申し込みが可能というところも結構あるものです。そのおかげもあって、カードローンの審査速度のアップと申し込んだその日に借り入れできる即日融資が実際にできるようになりました。気軽に利用できる消費者金融会社とは、口コミで選ぶのが妥当な方法ですが、借金を負うことになっている現実を極力知られずにいたいと思っている人が大勢いるというのも本当のことです。ある程度の規模の消費者金融会社の場合は、それなりに融資審査もマイルドですが、総量規制に基づき年収の3分の1を超える借金がある場合は、新規で借りることは不可能ということになります。一カ所ずつ各社のウェブサイトを検証していては、時間がもったいないです。このサイトの消費者金融会社を整理した一覧に注目すれば、それぞれの比較がすぐにわかります。色々な消費者金融業者の比較サイトに設置されている簡単なシミュレーション等に挑戦することも必要だと思われます。返済にかかる回数や、月ごとに返せる金額などからぴったりの返済計画を導き出してくれます。

債務整理の費用相場について

金融機関での借金を検討しているというのなら、軽率にバイトの働き口を次から次へと変えたりしない方が、消費者金融会社での融資の審査には有利であるというのは間違いなく言えることです。このサイトに目を通すことによって、誰でも消費者金融において借入のための審査に合格する為の手段を知ることができるので、労力を使ってお金を貸し出してくれそうな消費者金融会社の一覧等を検索する必要もなく余裕をもって対処できます。とうに複数のローン会社に借金があるケースなら、消費者金融会社により行われた審査で多重債務者であると判断され、何事もなく審査を通るということは絶望的と言っていい状況になってしまうということは必定と言っていいでしょう。低い金利のところに限り、クリアするべき審査基準がより厳しくなっているという傾向があります。多彩な消費者金融業者一覧リストにして用意していますので、一度融資の審査を申請してはいかがでしょうか。